あのキャラのことを知りたい

ヘムヘムの声優が変わった?ヘムヘムという犬

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

忍たま乱太郎の忍術学園に住む犬ヘムヘム
主だったセリフは「ヘムヘム」しかないヘムヘムですが、声優さんは誰なのか気になりますよね。

今回はヘムヘムの声優さんについてまとめましたのでご覧ください。

 

ヘムヘムの声優は松尾銀三

ヘムヘムの声優は松尾銀三さんです。

主に中年以上の年齢層の男性キャラクターを主に演じ、忍たま乱太郎、クレヨンしんちゃんなどのヒット作品をはじめ、数多くの作品に出演していた。特に、ONEPIECEをはじめとした東映アニメ作品に出演する事が多かった。

なぜ「多かった」のかというと、
実は松尾銀三さんは49歳という若さでくも膜下出血によって亡くなられています。

2001年8月25日、急性クモ膜下出血により、49歳で他界した。当然、それからまもなくして、松尾の訃報が報じられた。そして当時、それに関係するテロップが、犬夜叉の放送中に流れた。

49歳というのはかなり若いですよね。
人気の声優さんだっただけに残念な出来事でした。

 

ヘムヘムの声優は変わった?

松尾銀三さんは初代の忍たま乱太郎の1期〜9期まで勤めましたが上記の理由によって降板となりました。
そしてヘムヘムの現在の声優さんは島田敏(しまだびん)さんです。

スポンサードリンク

実は島田敏さんは実は有名なキャラクターの声優さんを勤めています。
例えば

ちびまる子ちゃんの友蔵

ワポル(ONE PIECE)

ニコちゃん大王

どうでしょうか?

そう言われてみればみんな声が同じキャラですよね。
ヘムヘムという単語だけで犬のキャラクターの感情を表現するって大変だと思いますよね。

 

ヘムヘムという犬

ヘムヘムって実はアニメオリジナルキャラクターだって知っていましたか?

設定は「学園長のペット」なんですよね。

学園長が若い頃に拾ったという設定であるので年齢は不明だが、アニメを参照する限りでは20歳~50歳の可能性が高い。
若き日の学園長とともに、かつてはその相棒(忍犬)として活躍していた。

犬で20歳〜ってかなりの高齢ですが全くそんな感じはしませんね。
さすがはアニメという感じでしょうか。

学園の金を頭突きで鳴らすのが日課となっています。
笑いながら平気で鐘を鳴らしているので相当な石頭ということがわかりますね。

ヘムヘムの性格

なんとく「ヘムヘム」と渡ってアニメのオチをつけるイメージのヘムヘムですが、
いざという時は体を張って忍術学園の生徒を守る男気を発揮する時もあるんですよね。

ヘムヘムとしか喋らないんですが、学園の人たちにはちゃんと言葉が通じているという謎設定があります。

若かりしころ忍犬として活動する為に学園長との猛特訓であの喋り方になった。
しかし、その代償として普通の犬のように元の「ワンワン」と鳴く事は二度と出来なくなってしまう。 

鳴き方が「ヘムヘム」としか鳴けなくなる特訓ってどんな特訓をしたのでしょうか。
気になりますね笑

スポンサードリンク

ヘムヘム声優まとめ

いかがでしたでしょうか?

忍たま乱太郎の中でもメインではないヘムヘムをご紹介しました。
しっかりとした背景や設定があって意外でしたよね。

忍たま乱太郎が見たくなりましたか?

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アニメキャラまとめ , 2018 All Rights Reserved.