あのキャラのことを知りたい

フリーザの声優は中尾隆聖|ドラゴンボールとアンパンマンの意外な関連性

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

独特の声質とふてぶてしさで人気のフリーザ様。
実は理想の上司にも選ばれていんですよね笑

今回はそんなフリーザ様の独特な声とその主中尾隆聖を中心にまとめました。

ご覧ください!


 

フリーザの声優中尾隆聖とは


1951年2月5日生まれ
同期にはシャアの声優の池田秀一さんなどがいます。

受賞歴
2016年 – 第25回日本映画批評家大賞・アニメ部門最優秀声優賞(『ドラゴンボールZ 復活の「F」』)
2017年 – 第11回声優アワード・富山敬賞
2017年1月9日、テレビ朝日にて放映された『人気声優200人が本気で選んだ!声優総選挙!3時間SP』で第8位に選ばれる

ドラゴンボールへの出演はフリーザが最初ではなかった

中尾隆聖さんの代表作といえば、必ず名前が上がるフリーザ。

もともと中尾隆聖さんはドラゴンボールへの出演はフリーザが最初ではありませんでした。
実は「タンバリン」役で出演
その後、Zになってフリーザの声を担当。

スポンサードリンク

『ドラゴンボールZ』出演を長男に話した際は非常に喜ばれたが、フリーザ役については「ああ、悪い奴だね…」と言われた。後年の中尾のインタビューでは、タンバリン役については長男の反応は悪かったが、「フリーザ役をやるよ」と言ったときは尊敬のまなざしに変わったと語っている。
野沢雅子は「フリーザの悪役ぶりがいいだけに頭に来る」とコメントしている

引用:Wikipedia

ちなみにクリリンはタンバリンとフリーザに殺されています。
なのでクリリンの声優の田中真弓さんは中尾隆聖さんがくると「殺される」と言って逃げるそうですよ笑

クリリンの声優に関してはこちらの記事もご覧ください。

クリリンの声優は田中真弓!ルフィとクリリンどちらが強い?

フリーザ様って失敗した部下を殺しちゃうほど厳しいです。
ですが、反面ちゃんと仕事をした場合は褒めてあげるという飴と鞭をちゃんと使い分けています。

言葉遣いも基本丁寧で、部下に対しても「さん」付けで呼んでいます。

そんなフリーザ様は現実社会のサラリーマンにアンケートを取った理想の上司にランクインするほどです。

バイキンマンは中尾隆聖さんの初めての長寿番組のビックネーム


日本で一番同じヒーローに同じ技でやられた記録を持っているバイキンマン笑

バイキンマンの口癖「ハーヒフーヘホー」は中尾隆聖さんのアドリブです。

『トッポ・ジージョ』のトッポ・ジージョや『にこにこぷん』のぽろり・カジリアッチIII世などのねずみのキャラクターを演じていたため、ばいきんまんの絵を初めて見たとき、「また、ねずみかと思った」と語っていたという。
また、中尾は『アンパンマン』放送開始当初は『にこにこぷん』でぽろり、終了後の『ドレミファ・どーなっつ!』でれっしーも演じていた。
このために「視聴者が重なる子供向け番組で、同じ声で一方が主役で一方が悪役だと、子どもに混乱や悪影響を与えるのでは」と考え、声質が重ならないようだみ声を作ったという話を語ったこともある。

引用:Wikipedia

確かに、にこにこぷんのポロリってフリーザ様の声だ!

タマ

今「にこにこぷん」を見たら悪いネズミに見えちゃいそうですね。

フリーザと同じ声の他のキャラ達

中尾隆聖さんの声って特徴的なので出演していたらすぐに気づくと思います。
名だたるアニメに出演されているんですよね。

■ワンピース
ONE PIECEでは「シーザー・クラウン」役


■名探偵コナン
名探偵コナンでは一回限りのモブキャラで登場。
今となってはどのキャラが出てきてもフリーザ様のイメージになってしまいます。

■その他のキャラ
にこにこぷんの「ポロリ」


学校の階段の猫カーヤ/天邪鬼
るろうに剣心「飯塚」

はま寿司のパネルの声の初代はフリーザ様


現在はちびまる子ちゃんの声でお馴染みのTARAKOさんが勤めているはま寿司のタッチパネルのナレーション。

実は第一弾は中尾隆聖さんが勤めていました。
担当したのは、2017年の12月7日から12月20日まで。

ちなみに声のバリエーションは

「ご注文、ありがとうございました」
「まもなく到着します。お取り忘れにご注意ください」

これはもはやフリーザ様が絶対に言わないこと笑
落ち着かなさが半端じゃないですね。

フリーザの声が変わった?

フリーザ様の声が変わったと一部のファンの間で噂されていますが、声優さん自体が変わったわけではありません

というのも、声優の中尾隆聖さんは御年68歳。

例えば、アンパンマンの初回放送は1988年。
この時からバイキンマンを演じているわけですから声優歴も30年を過ぎていますので加齢に伴う、声の変化でしょう。

他の声優さんにも言えることですが、何十年も喉のコンディションを一定に保つというのは非常に大変なことだと思います。

喉の調子が悪い時の作品はもしかしたら声が違って聞こえるかもしれませんね。

あとはサザエさんなどの長寿番組にも起きていますが、声優の交代問題。
声優の高齢化で突然の声優交代なども実際に起きていますので、中尾隆聖さんの声がちょっと変わると、「声優が変わった??」と言われてしまうのでしょう。

中尾隆聖が死去と噂されていたのはデマ

「フリーザ 声優」で検索すると「死去」というワードが出てきます。
実際はフリーザの声優の中尾隆聖さんはご健在です。

ではなぜこのような噂が立ったのでしょうか?

理由はおそらく2017年11月16日に鶴ひろみさんが亡くなられたことから派生して「フリーザの声優が亡くなった」と変わってしまったと考えられます。

鶴ひろみさんとは
中尾隆聖さんとはドラゴンボールでは「ブルマ役」、アンパンマンでは「ドキンちゃん」役で共演しています。
アンパンマンでは30年間共演していて、まさに作中同様相棒と言える間柄でした。

鶴ひろみさんの事故の詳細は以下の通り

2017年11月16日19時30分頃、東京都中央区の首都高速都心環状線の車線上で、ハザードランプをつけ停車していた車内で、シートベルトをして運転席に座ったまま意識不明の状態で見つかり、病院に搬送されたが死亡が確認された。死因は運転中の大動脈解離による突然死と見られる。57歳没。関係者によると数日前の収録中に体調不良で途中退席したことがあったが、体調が悪いとは聞いていなかったという

引用:Wikipedia

57歳というのはまだ非常に若いのにとても残念ですね。
ドキンちゃんもブルマもとても重要な役なだけに新しい声に馴染むのにも時間がかかりそうです。

フリーザの声優まとめ


今の30代以上に馴染みの深いアニメの声優さんたちが高齢化に伴いどんどん亡くなられたりしていってるのは寂しいですね。

中尾隆聖さんも2019年で68歳と決して若いとは言えませんがまだまだお元気そうです。

今回のドラゴンボールの映画「ブロリー」でも続編を匂わす感じでしたのでまだまだ現役で活躍して欲しいですね!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© アニメキャラまとめ , 2019 All Rights Reserved.